社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

補助金,助成金の上手な使い方

補助金,助成金の基本

補助金,助成金の基本的な内容をご紹介致します。

補助金,助成金の目的

政府は国民が経済的に豊かな生活が送れる様に国内生産性を拡大するべく
様々な政策を実施しています事業者に補助金,助成金を給付する事により設備や従業員に対する
投資を推進し事業の発展により賃金を増やす狙いがあります

補助金,助成金の流れは
一般的には補助金,助成金は
1公募
2事業計画
3審査
4採択,認定
5事業開始
6費用の支払い
7事業実施,実績報告
8確定検査
9補助金の請求
10補助金の給付

補助金,助成金の特徴
1
原則として返済不要

補助金,助成金は収入となるため金融機関からうける
融資とは異なります原則返済の義務はありません
また融資の場合は金融機関が売り上げや利益等事業規模に応じて融資限度額
を決定しますが補助金,助成金では事業規模に関わらず給付を受けることができます

2
原則後払い
補助金,助成金は事業を終えて支給申請を行った後に給付されます。補助金,助成金の遂行にあたり
費用が発生する場合は先に立て替えなければなりません
経費の支払いから補助金,助成金が入金されるまでの期間は短くても3ヶ月長くて1年以上かかることもあります
資金調達法も考えておく必要があります
手続き間違いで補助金,助成金が給付されない場合もありますのでリスクマネジメントもしておくことも大事です

3
補助金,助成金は制度ごとに運営する義務局が異なります
事業者の方からどこに相談してよいかわからないと言った声をよく聞きます
補助金,助成金の名前をお伝えして問い合わせ先を確認すると詳細を教えてくれます。

4
制度ごとに手続き方法が異なる
手続方法や申請書類の作成もそれぞれに異なります個別の内容については
補助金,助成金一覧から個別に確認してください

5
政権が代わると予算配分が変わります政府の重点政策の分野には厚みのある補助金,助成金がついていることが
多いです

補助金,助成金の違い
補助金,助成金は同じように見えますが実は違いがあります

1
財源と予算

補助金は国民から撤収した税金を財源としております事業者のかたは
法人税を納めてますので補助金=税金のキャッシュバックと考えていただければよいかと思います
税金は補助金以外にも多くの用途がある為予算に限りがあります

助成金は従業員の雇用保険を財源としており従業員を雇用している事務所であればどこでも
加入しているはずで予算の変動が少なく安定してます

2
申請形態

補助金は公募期間内に書類審査を提出し審査ご優れた事業計画を採択する公募型
となります
助成金はあ院生の形式を満たしていれば基本的に認められる申請型となります

3
採択基準

補助金は一定期間に応募された申請書について内容の審査を行い
優秀な計画が採択されます応募用件を満たして申請しても採択される事業者もいれば
採択されない事業者もいます審査機関が終わらなければ支給されるかどうかわかりません
応募の際はいかにほかの応募者と比べて制度に最適化アピールしなければなりません
応募が多ければ審査で採択が難しくなります

助成金は他の事業者と比べることなく事業所が受給条件を満たしていれば助成金の対象になります
受給条件に満たしていない場合や書面での説明が不十分である場合申請時に窓口に指摘されます
ですので受給条件を満たすように計画を見直すか申請を取りやめるか検証できます

4
申請期間
補助金は公募期間が決まっており公募開始から締め切りまで2週間から2ヶ月と短くなってます
過去には予算が限られていて先着順に受付予算なくなり次第終了などもありました
事業者からは申請書類を準備する時間がなかったなど指摘がありました
助成金は通年行っておりいつでも申請することが可能です再提出も可能のため利用しやすいのが特徴です

雇用の安定や脳直開発に関係しる様々な助成金があり条件にあうものが見つかるはずです

最新情報をチェックしよう!

補助金,助成金情報の最新記事8件

>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG