社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

中堅・中小企業への橋渡し研究開発促進事業

~技術の種を咲かせて、3年後カタチのあるビジネスに~

何のための制度なの?

企業の技術と研究機関の技術の実用化が狙いです。中堅・中小・ベンチャー企業が「橋渡し」 研究機関から技術の種(シーズ)の移転を受けてビジネスにつなげることや、企業がもつ技術を「橋渡し」 研究機関の力を借りて迅速・着実に実用化することを目指します。
※公募による共同研究を行う公的研究機関、大学や高専等

どんな支援があるの?

研究のやり方から設備や人件費といったお金の支援です。中堅・中小企業が、大企業が参入しないような小規模な市場等においてリスクを取りつつ、機動的に事業化を図るために、優れた基盤技術を有する機関がその技術を中堅・中小企業等に 「橋渡し」 することにより実用化を促進します。

誰が利用できるの?

ライバルのいない新規事業を3年以内に立ち上げたい企業です。中堅・中小・ベンチャー企業で、支援事業を遂行するための具体的計画を有し、その実施に必要な能力を有していることが必要です。規模的要件は、 製造業であれば、資本金3億円以下、または従業員300人以下の中小企業やベンチャー企業、または中堅企業でみなし大企業に該当しないこと等があります。

いつ利用できるの?

新規事業に直接使うものなら、 対象経費は幅広く支援します。助成事業で実施する技術開発に直接必要な費用のうち、事業専用として使用するものです。 汎用のもの、この事業以外にも使用するものは助成対象外です。

1. 機械装置等費 (生産設備は対象外):土木・建築工事費、機械装置等製作・購入費、保守・改造修理費
2. 労務費:研究員費・補助員費
3. その他経費:消耗品費・旅費・外注費・諸経費 (熱水料、会議費、委員会費、通信料、借料、図書資料費、通訳料、運送費、関税等の経費、学会等参加費) 
4. 共同研究費:「橋渡し研究機関」 が行う研究開発に必要な経費

いくらもらえるの?

助成率は、 2/3以内
助成金の額は、1,500万円以上1億円まで

問い合わせ先

(国) 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) イノベーション 推進部 プラットフォームグループ 橋渡し研究開発促進事業
電話 044-520-5175

申請手続きの進め方

1. 府省共通研究管理システム (e-Rad) への登録本事業申請は、府省共通研究開発管理システム (e-Rad) への申請手続とNEDOへの申請書類の提出手続が必要となります。 このe-Radによる申請手続を行わないと本事業への申請ができません。2.NEDOへの申請書類の提出
助成事業者が作成するもの
(1) 助成金交付申請書 正1部 (片面印刷)
(2) 助成金交付申請書 写真4部(両面印刷)
(3) 助成金交付申請書の電子データ
(4) 宛先を明記した返送用封筒
3. 公募要領・申請書の様式の入手助成金交付申請書等は、NEDOのウェブサイトからダウンロードすることができます。

ここがポイント!

NEDOからは、個別の「橋渡し研究機関」 の紹介はされません。 「橋渡し研究機関」として確認された公的研究機関・大学の名称はNEDOのウェブサイトで公表されます。 事前に企業側から打診してください。助成対象事業分野は,次の要件を満たすことが必要です。
1. 新産業の振興が期待できる新規性・革新性の高い実用化開発。
2. 概ね3年以内に実用化が可能な具体的な計画を有すること。「橋渡し研究機関」の確認申請と助成金交付申請の両方について, 説明会が開催されますので、疑問点等を事前に確認できます。
※J-Startup 企業 (経済産業省認定ベンチャー企業92社) の応募に対しては加点ポイントを設けることとしている。

採択事例

めっきメーカー:鳥取県 A社
食品色調均一化を実現する大型・大ロット対応 SUS 発色自動化開発等

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG