社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

NexTEP-A 【研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)企業主導フェーズ(NexTEP-A)】

大学等の研究成果をコア技術とする、 開発型企業が主体で行う実用化開発を支援してくれる文部科学省の委託事業の1つです。 大規模かつ長期間の開発が対象です。

NexTEP-B、NexTEP-A、NexTEP(一般タイプ)、 NexTEP(未来創造ベンチャータイプ)の4つは、どれも、民間企業を支援する文部科学省管轄の事業で、JST (科学技術振興機構)が事務局となっています。
大学等の研究シーズの実用化開発を強力に支援し、イノベーションに挑戦する企業を応援する制度です (「大学等」 とは、 国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、国立研究開発法人等を指します)。
大学等の研究成果をコア技術とする、 開発型企業が主体で行う実用化開発(実証試験·実用化開発といった出口寄りの開発フェーズ)を支援してくれます。医療分野を除く幅広い分野が対象です。
JSTが開発を企業へ委託する形になり、開発費は進捗に応じた先払いがなされます。 共同申請はできませんが、開発要素を含まない工程の一部などを他企業に外注することは可能です。

【NexTEP-A】 の特徴
・NEXTEP-B より大規模な実用化開発が対象です。
・成功時は全額年賦返済、 不成功時は10%返済の、返済型の委託事業です。
・優先技術分野の指定はありません。
・実用化開発に先立ち、導入試験(1年以内、開発費総額の10%を上限(3,000万円以内)、返済不要)を行うことが可能です。

採択事例
・ゼオライトナノ粒子の製造方法と粒径制御技術
<株式会社中村超硬>
工業的に生産されるゼオライトは、 高純度であり均質で高機能である。 近年ではさらに機能を向上し用途を拡大するために、通常マイクロサイズのゼオライトをナノ粒子化する試みが進んでいるが、 量産化にあたって結晶性や粒径等の品質の不安定さや、 製造コストの高さが問題となっていた。 本開発では、 従来手法と比べ安価で、 廃棄物や廃ガス処理の面においても有意な新技術開発を目標とした。
※一部抜粋


委託金額の上限
15億円

補助率の上限
返済型(成功時:全額年賦返済/不成功時:10%返洛)

委託事業期間(最長)
10年

中小企業向き
企業規模に関係なく申請できます。

採択数
不明
※採択予定数:若干数(2019年)

採択率
不明(2019年)


申請タイプ
【委託事業】


連携
大学等との連携は必要ですが、複数企業の連名で申請することはできません。

法認定等
法認定は不要です。

審査方式
一次審查(書類審査)を通過した申請者に対して、二次審査(面接審査)が行われます。

対象となる経費
直接経費(物品費、旅費、人件費,謝金、その他)、間接経費(直接経資の30%以内)、再委託費


公募期間
3月29日(2019年)~3月31日(2020年)
※通年公募(3回の締切を設定)
※予算額に達した時点で終了

問い合わせ先
JST (国立研究開発法人科学技術振興機構)産学共同開発部
TEL : 03-6380-8140
E-mail : jitsuyoka@jst.go.jp

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG