社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

新技術先導研究プログラム

将来の国家プロジェクト等に繋がるような、持続可能な工ネルギ一供給の実現や新産業創出による産業競争力の向上に有望な技術の原石を支接する委託事業。

この委託事業は、我が国の①省エネルギー、新エネルギー、CO2削減等のエネルギー・環境分野(エネルギー・環境新技術先導研究プログラム)および②新産業創出に結びつく産業技術分野(新産業創出新技術先導研究プログラム)の中長期的な課題を解決していくために必要となる技術シーズを発掘し、将来の国家プロジェクト等に繋げていくことを目的としています。

設定された研究開発課題に該当する研究開発テーマ(申請テーマ)が対象です。研究開発課題は毎年設定され、2020年度の公募では①は14課題、②は4課題が設定されました。
研究開発課題は、公募開始前に行われる情報提供依頼(RFI:Request for Information)によって提供された情報を参考に設定されます(2019年度からはRFI以外からも設定)。情報提供は申請の必須条件ではありませんが、情報提供書を出すと実質的に有利になると言えるでしょう。

審査においては、新規性、革新性及び独創性が高いものであって、研究開発に成功した場合、産業へ大きなインパクトを期待できるものであること、すなわち、ハイリスクではあっても、ハイリターンが期待できるものであることが重視されています。そのため、研究開発フェーズとしては取組のごく初期の段階であり、実用化までの確実な見通しをつけることが現時点では困難であるものが対象となります。

【採択事例】
①研究開発課題:従来法での計測不能領域を革新的手法により計測可能にする産業プロセス用センサー
申請テーマ名:高温等過酷環境向けプロセスセンサーの研究開発
株式会社XMAT/国立大学法人東北大学
②研究開発課題:産業用途向けに役立つ、電流密度耐性を持った機能性合金材料
の実現に資する技術開発
申請テーマ名:ポスト・ムーア時代の次世代配線開発
国立大学法人東北大学大学院工学研究科/株式会社アルバック/
株式会社荏原製作所/JX金属株式会社/株式会社マテリアル・コンセプト

・委託金額の上限
1億円
※ステージゲート審査を通過し2年となった場合は2億円
・補助率の上限
委託(1/1)
・委託事業期間(最長)
原則1年度。ステージゲート審査を通過したものに限り2年度
・中小企業向き
企業規模に関係なく申請できます。
・採択数
①44件②6件合計:50件(2019年)
・採択率
39.7%(2019年)

【申請タイプ】
(委託事業)①エネルギー・環境新技術先導研究プログラム
(委託事業)②新産業創出新技術先導研究プログラム

・連携
大学等との連携必須ですが、連名申請でなく、企業が申請し大学等に再委託する形でも可能。
・法認定等
「ワーク・ライフ・バランス等推進企薬」に関する認定を受けていると加点される。
・審査方式
書類密査に加え、必要に応じてヒアリングが行われる場合がある。
・対象となる経費
直接経費(機械装置等費、労務費、その他経費)、間接経費(直接経費の20%(中小企業以外は10%))、再委託費・共同実施費

【問い合わせ先】
NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発構)
イノベーション推進部 フロンティアグループ
FAX:044-520-5177
E-mail enekan@nedo.go.ip

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG