社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

医療機器開発着手 【医療機器等開発着手支援助成事業】

ものづくり中小企業と製販企業等が連携し(または連携を前提とし) 新たに医療機器等製品の開発から販売を行う際の、本格開発に着手する前の取組みを支援してくれます。

「医療機器等」の、本格開発 (初期試作に引き続く工程として上市を目的とした新製品の試作を行う開発) に着手する前の取組み (開発の初期段階のアイディアや構想の技術検証や初期試作)が支援対象です。
「医療機器等」には、医療機関で使用される「医療機器」の他、 非医療機器(リハビリ機器等)も含まれます。

「他企業、大学、公的試験研究機関等の社外資源を活用したものであること」が対象事業の要件になっていますが、 連携体の構築は必須要件ではありません。
しかし、この補助金を引き継ぐ、次の段階 (本格開発以降) を支援する 「医療機器等事業化支援助成事業」 では連携体の構築が必須要件になっています。 「医療機器等事業化支援助成事業」 も狙う場合は、この補助金の申請時にも連携体を構築しておく必要があります。

なお、 この補助金に申請するには事前ヒアリングを受けることが必須条件です。また、申請予定件数が一定数を超えると受付終了となりますのでご注意ください。

【採択事例】
・血管内治療支援システムの事前検証及び試作
<株式会社アールテック>
・脳腫瘍のレーザー熱変性治療装置の開発試作
<ミズホ株式会社>


補助金額の上限
500万円

補助率の上限
2/3

補助事業期間(最長)
1年

中小企業向き
東京都内で事業を営む中小企業を対象とした補助金です。
東京都内での創業を具体的に計画している者も申請できます。

採択数
14 件
※5,6,7回の合計
※医療機器等事業化支援助成事業との合計 (2018年)

採択率
73.7%
※5,6,7回の合計
※医療機器等事業化支援助成事業との合計 (2018年)


申請タイプ
【補助金】


連携
単独申請が原則です。 事業実施においては連携している、または連携を前提としている必要があります。

法認定等
法認定は不要です。

審査方式
一次審査(書類審査)を通過した申請者に対して、 二次審査(面接審査)が行われます。

対象となる経費
原材料・副資材費、 委託・外注費


公募期間
年3回(3月頃、7月頃、 11月頃) (2019年)

問い合わせ先
公益財団法人東京都中小企業振興公社 取引振興課
TEL: 03-3251-7883
E-mail: iryou-josei@tokyo-kosha.or.jp

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG