社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

住まい環境整備モデル事業

高齢者、障害者、子育て世帯など誰もが安心して暮らせる住環境の整備を促進する、民間事業者の先導的な取り組みを支接してくれる補助金。

長く続いていた「スマートウェルネス住宅推進等モデル事業」が2019年に名称を変え、新しくなった補助金で、新たな技術やシステムの導入をする事業、または、多様な世帯の互助や交流の促進に資する事業を対象としています。

①課題設定型、②事業者提案型、③事業育成型の3つの申請タイプに分かれており、①と②は住宅等の整備を実施することが原則です。③は、補助事業完了後、①または②に申請することが原則で、①または②の前段階として行うものです。(ただし、③の実施は、①や②への申請の必須要件ではありません。)

単独申請の場合は建築主が申請者となりますが、共同申請の場合は建築主と他事業者の申請の他、建築主以外の複数事業者による申請も可能です。建築主が申請者に含まれない場合は、必要に応じて契約等を結び精算する形になります。
交付決定後、年度内に着手する事業が対象です。年度内に補助事業が完了しないものは、複数年度にわたって実施するものとして、補助事業の期間を事業終了まで見込んだ計画で申請することになります。ただし、予算の関係上、次年度以降の補助金の支払いが約束されるものではない点にご注意ください。

【採択事例】
・世代間共助の生まれる宅老所でみんなの居場所作り
有限会社オールフォアワン
・共生型多機能リハビリケアセンター創設事業
株式会社QOLサービス
・サツキPROJECT
西日本豪雨で被災したアパートを地域の防災拠点住宅に再生する
三喜株式会社
・単身高齢者と外国人介護士が支えあって暮らすシェアハウス
有限会社西都ハウジング
・入居者自宅のシェアハウス化支援付き生活支援サービス施設
株式会社八ピネスランズ
・介護・福社・医療に携わる担い手創出の住環境モデルの提案

・補助金額の上限
①②3億円③500万円
・補助率の上限
建設工事費(建設・取得)1/10、改修工事費2/3、技術の検証費2/3等
・補助事業期間(最長)
5年度
・中小企業向き
企業規模に関係なく申請できる。
・採択数
第1回:8件第2回:11件合計:19件(2019年)
・採択率
第1回:50.0%第2回:40.7%(2019年)

【申請タイプ】
(補助金)①課題設定型
(補助金)②事業者提案型
(補助金)③事業育成型

・連携
共同申請も可能。
・法認定等
法認定は不要。
・審査方式
書類審査に加え、提案者による5分程度の説明、5分程度の質疑応答のプレゼンテーション審査が行われる。
・対象となる経費
調査設計計画に要する費用、住宅等の整備に要する費用、技術の検証に要する費用、情報提供および普及に要する費用

【問い合わせ先】
国土交通省住宅局安心居住推進課
TEL : 03-5253-8952

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG