社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

食品産業イノベーション【食品産業イノベーション推進事業】

食品製造業界の先進的な取組事例となるロボット化、ICT・AI活用などの設備導入コストや、製造ラインの改善を通じた生産性向上のためのコンサルティング費用を補助してくれる。

①-A、①-B、②の3つの申請タイプに分かれています。①-Aと①-Bは、設備導入を伴うもの、②は、設備導入を伴わないものですが、どちらも、労働生産性が3%以上向上する計画が対象です。
①-A(事業者タイプ)は,食品産業事業者がロボット、AI、lot等の技術を活用した設備や機器、システム等を導入し、生産性を向上させ、検証しようとする取組、①-B(共同実証タイプ)は、食品産業事業者を中心に情報関連企業、機械メーカー、公的研究機関等の関係事業者により共同実証グループ(協議会)を組成し、既存の技術や機器を活用してロボット、AI、lot等の技術を活用した新たなシステム・設備を構築し、生産性を向上させ、検証しようとする取組を支援してくれます。
②は、専門家の工場診断や改善指導によって業務の最適化や人材育成を図る取組を通じて生産性向上を図る計画を支援してくれます。
採択された企業が行う補助事業によって、他の企業や他の分野への波及効果が見込めるものであることが重要視されており、そのため、生産性向上効果や投資額に対する費用効果など、積極的な情報公開を行うことができることが要件となっています。
①の申請タイプの名称は「革新的技術活用実証事業」となっていますが、技術自体の革新性を問うものではなく、業種・事業規模においてはその技術の活用例がないような取組で、他業種では当たり前の設備導入の事例であっても食品製造業においてあまり普及していない取組であれば対象範囲になると説明されています。
なお、公募要領の最後に詳細な公募審査基準が記載されていますので、必ず参考にしましょう。

【採択事例】
①-A:株式会社高浜(宮城県塩釜市)
   株式会社トミイチ(北海道旭川市)
   株式会社Opex(東都)
①-B:株会社ジョイアス・フーズ(崎玉県児玉郡)
② :株式会社惠那川上屋(岐阜県惠那市)
   株式会社大和(石川県小松市)

・補助金額の上限
①-A:1800万円(リースの場合:900万円)
①-B:500万円(リースの場合:250万円)
②500万円
・補助率の上限
①1/2
②定額
・補助事業期間(最長)
1年度
・中小企業向き
企業規模に関係なく申請できる。
・採択数
①-A:6件 ①-B:2件
②:6件
合計:14件(2019年)
・採択率
不明(2019年)

【申請タイプ】
(補助金)①-A:革新的技術活用実証事業(事業者タイプ)
(補助金)①-B:革新的技術活用実証事業(共同実証タイプ)
(補助金)②業種別業務最適化実証事業

・連携
共同申請も可能。
・法認定等
法認定は不要。
・審査方式
二次審査(書類審査)を通過した申請者に対して、三次審査(プレゼンテーション)が行われる。
・対象となる経費
①ロボット、Al、1oT等の技術を活用した設備や機器、システム等の費用及びそれらの導入に係る費用等、エンジニア経費等
②コンサルティング費用等

【問い合わせ先】
農林水産省 食料産業局 食品製造課
TEL : 03-6744-7180
食品製造課

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG