社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

J-LOD 【コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金】

コンテンツの海外展開の際のローカライズやプロモーション、 また、コンテンツ産業の持続的発展を目的とした取り組みを支援してくれる補助金です。

コンテンツ産業とは一般には、映像(映画、アニメ)、音楽、ゲーム、書籍等の情報の内容(コンテンツ)の制作・流通を担う産業を指しますが、この補助金において支援の対象となるコンテンツは、申請タイプ別にそれぞれ定義されています。
大変人気のある補助金で、年間600件近くが採択されています。 そのほとんどを占めている ①② では、上限額に関わらず、 少額の事業が多く採択されているようです。
一方、 ③の採択は少なく (2019年は22件)、 多くの企業に活用されているとは言えない状況です。 知名度が低いことと、 先進性が求められ、 ハードルが高いことが原因でしょう。
③は、コンテンツ産業が持続的に発展するエコシステムの構築のための事業を対象としており、 実は意外と幅広く使えます。 コンテンツ産業企業が先進性の高い取り組みに挑戦する場合、 活用できないか検討してみる価値はあるでしょう。(採択事例には、③の採択事例を選びました。)

●採択事例
③-1
株式会社サニーサイドアップ
株式会社フロウプラトウ
株式会社ライゾマティクス
株式会社ワントゥーテン
③-2-1
オープンポスト合同会社
カレンシーポート株式会社
スタートバーン株式会社
株式会社 TART
株式会社リヴァンプ
③-2-2
株式会社セガゲームス
株式会社フィルムソリューションズ
メモリーテック株式会社


補助金額の上限
①2,000万円/件 (4,000万円/社)
②3,000万円/社
③5,000万円/社

補助率の上限
① コンテンツ企業が主体となって海外展開を促進する事業: 1/2 (特例2/3)
コンテンツを有効活用して海外展開を促進する事業: 1/3
②③ 1/2

補助事業期間(最長)
1年度

中小企業向き
企業規模に関係なく申請できます。

採択数
588件 (2019年)

採択率
不明 (2019年)


申請タイプ
【補助金】 ① コンテンツ等の海外展開を行う際のローカライズおよびプロモーションを行う事業
【補助金】 ② 海外展開を目指すコンテンツの企画・開発として試作映像等を制作する事業
③ デジタル技術を活用した先進性の高いコンテンツ等の開発等を行う事業
【補助金】 ③-1: 世界に向けて発信するデジタル技術を活用した先進性の高いコンテンツの制作に関する補助金
【補助金】 ③-2-1:ブロックチェーン技術を活用したコンテンツの流通に関するシステムの開発・実証支援
【補助金】 ③-2-2: コンテンツ製作の生産性向上に資するシステムの開発・実証支援


連携
共同申請も可能です。

法認定等
法認定は不要です。

審査方式
書類審査のみ。

対象となる経費
① 海外渡航に関する費用、 出展参加に関する費用、 他
②制作に関する費用 (映像制作費、 システム開発費、 他) 海外出展等に関する費用
③-1: 制作に関する費用 (映像制作費、 機材費、 他) 海外渡航に関する費用
③-2: 制作に関する費用 (システム開発費、実証経費、他)


公募期間
①2月18日〜翌年1月31日
②3月15日〜10月31日
③-1 4月10日〜5月13日
③-2-1 4月18日〜5月31日
③-2-2 4月23日〜5月31日 (2019年)

問い合わせ先
経済産業省 商務情報政策局 コンテンツ産業課
TEL: 03-3501-9537(直通)

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG