社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社 事業再構築補助金申請代行サポート!

特定求職者雇用開発助成金【安定雇用実現コース】

~長期にわたる不安定雇用者を正社員として雇入れよう~

何のための助成金なの?

不変定用をり返すかたを正規属用し、安定的な就業場境を提供します。
いわゆる就職氷河期に、就職機会を逃したこと等により十分なキャリア形成がなされず、正社員としての就業が困難なかたを、ハローワークまたは民間職業紹介事業者等の紹介により正社員として雇用する事業主を助成します。

どんなことをすればいいの?

1.ハローワーク、2.地方運輸局(船員として雇用する場合)、3.有料・無料職業紹介事業者等の紹介により、次の対象者を正規雇用労働者として新たに雇用する必要があります。

対象となる労働者は?

雇入れ日において、1から4のいずれにも該当するかたが対象になります。

1.雇入れ日時点の満年齢が35歳以上60歳未満のかた

2.正規雇用労働者として雇用された期間を通算した期間が1年以下であり、雇入れの日の前日から起算して過去1年間に正規雇用労働者として雇用されたことがないかた

3.ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介の時点で失業状態にあるかた

4.正規雇用労働者として雇用されることを希望しているかた

いくら助成されるの?

6か月ごと2期に分けて、企業規模に応じて一人あたり下記の金額を支給されます。

第1期・第2期とも、中小企業300,000万円(総額600,000円)
         大企業250,000万円(総額500,000円)

1.支輪対象期ごとの支給額は、支給対象期において対象労働者に支払った賃金額が上限となります。

2.当支給対象期の途中で対象労働者が離職した際は、本助成金は支給されません。

問い合わせ先

各都道府県労働局へお問合せ下さい。
もしくは厚生労働省のウェブサイトから、ホーム>政策について>分野別の政策一覧>雇用・労働>雇用>事業主の方のための雇用関係助成金>特定求求職者雇用開発助成金(安定雇用実現コース)をご覧ください。

申請手続の進め方

1.ハローワーク等に求人の申込み

2.ハローワーク等からの紹介

3.対象労働者の雇い入れ

4.助成金の第1期支給申請、助成金の受給

5.助成金の第2期支給申請、助成金の受給

ここがポイント!

1.ハローワーク等からの紹介で対象となるかたを雇用し、4~5か月ほど経つと申請書が届き、そこから書類の準備が始められます。申請書が届かない場合は労働局へ問い合わせした方が良いでしょう。

2.対象労働者はハローワーク等の紹介時点で失業状態にあるかたです。現に働きながら新たな職場を探しているかたは対象になりません。

3.ハローワークや有料・無料の職業紹介事業者等からの紹介であることが必要です。求職者のニーズを確認しながら、適切な職場を紹介することにより、安定的な職業に就いてもらうことが必要であるため、求人広告等を利用して採用したかたは対象になりません。

4.週所定労働時間20時間以上またはそれと同等の業務に従事する自営業者等は失業状態とは認められません。

5.正規雇用労働者とは,次のいずれにも該当するかたです。(正規雇用労働者について就業規則等に定められている必要があります)
(1)期間の定めのない労働契約を締結している
(2)所定労働時間が、同じ事業主に雇用される通常の労働者と同じ(週30時間以上)である
(3)同じ事業主に雇用される通常の労働者に適用される就業規則等に規定する賃金の算定方法および支給形態賞与、退職金、休日、定期昇給・昇格の労働条件について、長期雇用を前提とした待遇が適用されている

最新情報をチェックしよう!
>事業再構築補助金申請代行サービス

事業再構築補助金申請代行サービス

社会保険労務士,行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社
事業再構築補助金申請代行サポート!予約受付開始!
無料相談お気軽にお問い合わせ下さい

CTR IMG